花岡和夫のテキスト english

再来するオフィーリア

冨田康子/横須賀美術館 学芸員

 花岡和夫のグラヴィール作品には、「アール・ヌーヴォー」に代表される世紀末ヨーロッパの装飾様式と、一脈通じるところがある。
1900年前後のヨーロッパの近代都市を優美な「自然」のイメージで彩っ たそれらの装飾様式において、最もよく用いたモチーフが、花および植 物であった。と同時に、それらと並んで欠かせないものが、独特のエロ ティシズムをただよわせた女性像であるだろう。
彼女たちの多くは裸身で、遠くうつろな目をもち、長い髪や流れる水と いった線的なうねりの中に身をゆだねている。写実的な描写を基調とし ながらも、色濃く漂う幻想性は、それこそこの時代のあらゆる描写に― ―ヌードだけでなく、植物でも昆虫でも、つまりは何をモチーフとした ときでも――、くり返しあらわれる共通のトーンである。
花岡が描き出す「自然」のイメージにも、それらの同質の幻想性を感じ 取ることができる。うつむきがちに咲く花々や、あるいは裸身の女たち。 とりわけ後者においては、ガラスという素材を水の物質感に重ね合わせ ることで、この世ならぬイメージは、いっそうなまめかしい世界を出現 させている。むろん、いうまでもなく、「水の女」とは、あのミレーの 描くオフィーリアに連なる典型的な「世紀末」モチーフである。
もっとも、花岡の手になる「世紀末」イメージは、ヨーロッパのそれと 比べてはるかに清楚であり、あのような頽廃の匂いは希薄である。おそ らくそれは、作家自身の造形感覚によるものであろうし、同時にまた、 グラヴィールという、難易度が高く慎重な制作態度を要求する技法から もたらされた、造形上の特性でもあるにちがいない。いずれにせよ興味 をひかれるのは、この作家が、「自然」をモチーフとしたエロティック で幻想的なイメージを追求し続けているという、まさにその点である。 そういえば、近代日本の工芸の歴史において、エロスのあらわれをみと めることは案外むずかしい。「アール・ヌーヴォー」をはじめとする 1900年前後の一連の装飾様式が、日本の工芸の展開に与えた影響は決し て小さくないが、しかし、ことエロティシズムという点に関しては、両 者の志向性は大きく異なっているように見える。それが、単純な嗜好の 相違によるものなのか、あるいはまた、近代日本の工芸の歴史の中に、 エロティシズムを別の次元に転移する機制が何か働いていたのか、ここ はそうしたことを論じる場ではないが、ともあれエロスの不在という事 態の中には、日本の近代工芸をめぐるさまざまな問題が含まれているは ずだ。
そして、そのように見てゆくと、写実性と幻想性の共存する、謎めい た「自然」のイメージを、透明なガラスの中に出現させる花岡和夫のグ ラヴィールのしごとは、エロスの不在という近代日本の工芸の歴史への、 密かな抵抗の身ぶりにも思われてこないだろうか。